溢れる水路

対応予定有 [レポートID: 19494]

解決前写真

溢れる水路解決前
溢れる水路解決前2
溢れる水路解決前3
三点方向から雨水や排水が集まり、水位が急上昇する箇所
市のコンクリート除草施工はしてあるが、水路内で水が収まらず住宅地の擁壁と国道側擁壁が水路から溢れ出る水を防いでいる状況で、コンクリート施工した箇所、また現在コンクリート施工にしている箇所はあくまで除草の手段であり、水路から溢れ出る水の対策ではない。別途水路拡張や、汚泥汲み取り、スムーズな水の流れを作るような対策を梅雨時期になる前に対策をお願いします。
いわき市 道路
投稿ありがとうございます。

対応方針等については、担当課より回答いたします。
 本件について、小名浜支所経済土木課より回答します。

 この度は、ご連絡いただきありがとうございます。
 令和3年2月15日の低気圧豪雨については、排水施設の整備水準を上回る降水量(1時間当たり約54mm:小名浜)を記録しました。
 国より、令和2年6月に「気候変動を踏まえた下水道による都市浸水対策の推進について」の提言が示されたことから、本市としても、その内容等を踏まえ、排水施設の整備水準の見直しや、それに伴う排水施設整備計画など、担当部署である下水道事業課において検討を進めているところであります。
 なお、排水路に堆積している土砂等については、今後も堆積状況を踏まえ、除去対応してまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
具体的にどのように計画を検討しているのですか?
三方向から雨水、排水が集まり豪雨時はすぐに水位が上がって毎回溢れそうになるこの箇所の水害対策も考えて頂きたいです!!
一度、豪雨時に現場に来て確認して頂きたいです!
 本件について、小名浜支所経済土木課より回答します。

 この度は、再度、ご連絡いただきありがとうございます。
 国は、気候変動の影響等による浸水被害の頻発を受けて、令和2年6月に「気候変動を踏まえた下水道による都市浸水対策の推進について」の提言を示し、現在も引き続き、排水施設の整備水準の設定手法等について検討を進めているところであります。
 このことから、本市の下水道施設については、その内容等を踏まえ、床上・床下等の浸水被害が発生した地区や浸水被害が想定される地区など市全体を対象に、雨水に係る管渠やポンプ場の今後の整備計画(優先順位)などについて検討を進めているところであります。
 なお、これらの整備については、時間を要することから、当面の対策と致しまして、前回も申し上げましたが、定期的に堆積した土砂の撤去を実施し、また、豪雨時には現場の確認を行っていきたいと考えておりますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

コメント

投稿にはログインが必要です。